高値で売買される.comブランド

日本では、ほとんど検索エンジンでの流入が多いが、米国では、○○○.com での流入が多いという。

これは、アルファベット一つなので、覚えているサイトであれば、直接打ち込むという方が多いからだ。
一方、日本語の検索エンジンによる検索だと、「アマゾン」でも「楽天」でも、「ヤフー」でも、日本語でも検索エンジンに打ち込むとトップに表示されるから、わざわざ、英語に切り替えて、ドメインを直接入力するということは少ない。

だから、こそ,
.com による単一単語のドメイン名は、検索時代を迎えても高値で売買される。

2016年9月13日のテレビ東京WBSより

ドメイン名 売買世界ランキング #knndomain

paul toshiaki kandaさん(@knnkanda)が投稿した写真 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です